ちーころの日記

子育てや人間関係で悩んだこと、それを乗り越えたくて学んだこと・やってみたこと

温泉のないビジネスホテルで「温泉に入りたい」と娘が泣き出したとき、やってみたこと

横川サービスエリアで食べた釜飯

《娘》

温泉のないビジネスホテルとわかったうえで

「温泉に入りたい」と泣き出す。

 

《夫》

温泉はないことをわかってほしい。

 

《私》

近くの銭湯に行くのはどうか提案する。

 

出来事

先日

名古屋に向かう車中

長女(小3)が

「温泉に入りたい」

といいました。

 

泊まるのはビジネスホテルなので

温泉はないことは

事前に父親から説明され

娘は頭では理解できたのですが

 

まだ子どもなので

「温泉に行きたい」

「温泉に入りたい」

と高速の渋滞中に何度か言いました。

 

ハンドルを握っている夫からしたら

 

終わりのわからない渋滞中

(しかも仕事から帰ってきて

 休まず運転していたので疲労も相当)

 

夫にとっては

難しい要求にしか聞こえなかったと思います。

 

わたしがやってみたこと

スマホ

日帰り温泉を検索しました。

 

近くに銭湯があることがわかり

食事もでき、おいしそうでした。

 

はじめに夫に

「これから話すことは

 きき流していいからね」と

NOが言いやすいように伝え

 

次に

「ホテルから5分のところに

 銭湯をみつけたよ」

と近いことを伝え

 

夫が好きそうなメニューを読み上げました。

 

そしたら

「行ってみよう」ということになり

銭湯に行くことができました。

 

大きなお風呂に、娘たちは大喜び。

大人たちも疲れを癒すことができ

 

さっぱりしたあと

銭湯のレストランで

のんびりと食事をすることができ

 

「銭湯にきてよかったね」

とみんなで喜び合いました。

 

感じたこと

子育てや人間関係を学ぶ前だったら

娘を怒ったり

家族に対してイライラしていたと思います。

 

今回は

誰のことも責めずに

みんなハッピーに過ごせた。

 

お母さんは

家族のキーパーソンなんだ

と思いました。

 

www.chihot.net