娘(小3) 2回目の発熱

早退の電話

小学3年生の娘、

転校先の小学校に通いはじめて

3週間がたちました。

 

緊張も相当したと思いますが

本当によく頑張って

通っています。

 

先日、学校から

下校する前に連絡があって

お迎えにいくことになりました。

 

電話が鳴った瞬間

頭に浮かんだのは

「発熱じゃないといいな」

でした。

 

「熱=PCR検査」

というイメージがあるからです。。

 

発熱でした

熱が37.7℃

 

主訴は「腹痛」

お腹をかばうように

そろりそろり歩いていて

 

「下校班のみんなと

   同じペースで歩けそうにない」と

本人から先生に

話があったそうです。

 

 

小児科へ

学校からは

「かかりつけに受診して

   医師の指示に従ってください」

とのことで

小児科へ。

 

前回は小児科で

PCR検査をやるかきかれて

検査しましたが

 

今回はきかれなかったのと

わたしからも

「検査してください」とは言わなかったので

検査は行いませんでした。

 

「風邪」との診断でした。

 

「熱冷ましいる?」ときかれて

「いりません」と答えました。

 

根拠はないのですが

必要ない

と思いました。

 

帰宅したら、36.4℃に下がっていました。

 

母親の直感でしょうか。

 

ミヤBMという整腸剤のみ処方され

無事帰宅しました。

 

感じたこと

娘が、自分で先生に

お腹が痛いことと

「みんなと同じペースで歩けそうにない」と

伝えられたことが

うれしかったです。

 

わたしも3年生のとき

お腹が痛くなって

でも

娘のようには伝えられなくて

我慢するしかなく

トイレが間に合わず、もらしてしまい

もらしてないと嘘をついて過ごし

とても恥ずかしい思いをしました。

 

自分の気持ちを言葉にして伝えられる娘を

誇りに思います。

 

f:id:ci-coro:20220623210402j:image