子育てや人間関係で悩んだこと、それを乗り越えたくて学んだこと・やってみたこと

ビリーフリセットワークを受けました!

私の幼少期に作られ

今までずっと使い続けてきた強固な信念。

 

【私が犠牲になれば周りの人は大丈夫】

 

周りの人が大丈夫じゃないと

私も大丈夫になれず、ものすごく不安になります。

それで

周りの人が大丈夫になるには

私が犠牲になればいい。

と思い込んでいて

自分が大丈夫になるために

いつでもどこでも

誰かの、何かの、犠牲になる必要があった。

 

他の人が聞いたら

びっくりするような信念なのだと思いますが

私にとってはこれが

空気を吸うくらい普通な

標準設定でした。

 

信念には種類があるようで

今日優子先生に扱っていただいたのは

核となる信念(コアビリーフ=私は〇〇だ)の

周りにある信念(コーピングビリーフといったかな)

のほうです。言い方間違っていたら後で書き直します。

 

私は物心がついたころから

毎日毎日両親が喧嘩していて

口論がエスカレートすると

母は私を連れて家出するのでした。

 

当時4歳くらいだった無力な私は

目の前で戦争が起きているようで

とても怖かった。

 

両親の喧嘩が大きくならないように

お父さんとお母さんに仲良くなってほしくて

口論が始まると

かわいくおちゃらけてみたり

(独りで戦場に入っていくようですごく怖かった )

そうやって仲裁に入ると

父も母もクールダウンするので

これを繰り返していました。

 

この出来事が

【私が犠牲になれば周りの人は大丈夫】

という信念の震源地になって

その後成長して

両親以外の人と接するとき

状況は違っても

自分が犠牲になって

周りが大丈夫になるように

そして周りが大丈夫になることが

私の大丈夫になるので

この信念に取り憑かれて

取り憑かれていることにも気づかずに

空気を吸うように

自然な考えとして生きてきた。

 

このようなことが

ビリーフリセットワークでわかってきました。

 

最大の犠牲は

独身の時に家を買ったことだと思います。

 

「こんな汚い家にしか住めないのは

 信仰心が弱いからだと言われた」

(本当に言われたのかはわかりませんが)

と嘆く母を大丈夫にしてあげたくて

住宅ローンを組んで家を買いました。

 

母の大丈夫=私の大丈夫

とはいえ

母(周り)が大丈夫になるために

家を買うほどのエネルギーを使ってしまうのは

私の特徴でもあるとのこと。

 

最初の結婚もそうかもしれません。

私が前夫と結婚すれば

紹介してくれた友人家族も前夫家族も

大丈夫になると思いました。

周りの大丈夫=私の大丈夫

とまたここでも厄介な信念が働き

結婚までしてしまう。

認めるのは怖いけど、これが私なのです。

 

例えば進路は

母が行ってほしいという高校に行き。

貯金ないのに家を買い

好きではない看護の勉強をやり続け

看護師の仕事も好きではないのに

住宅ローンのために看護師として働く。

 

犠牲、犠牲と書いていますが

メリットもあったのです。

家を買ったことで

私もきれいな家に住むことができたし

みんなと同じように結婚もできた。

母の希望する進路で母の安心する顔が見れた。

こうやって従順に生きることで

いい子だね、優しいね、と言ってもらえたり

周りが大丈夫になることを確認できる。

そして私も大丈夫になれる。

 

こうして

私にとっては

食欲や睡眠欲などの

生理的欲求と同じくらい欠かせない信念

「周りが大丈夫=私も大丈夫」

を命懸けで成り立たせていたようです。

 

この考えがなければ

もっと自分を大切にできて

相手の大切にしていることも大切にできて

本当にやりたいことが見つかるような気がします。

 

生まれ持った気質を生かせて

時間を忘れるくらい夢中になれることを

見つけていきたいです。

それで来週

優子先生の算命学鑑定に申し込みました。

楽しみ〜♪